SNSの問題点と課題とは?

現在、多くの方が利用しているSNS。
個人だけでなく、企業側も広報や営業ツールの一つとしてSNSを使用していることもあります。
また、「写真に特化したもの」「リアルタイムコミュニケーションに重点を置いたもの」等様々な種類のものがありますが、最大の特徴は「手軽に多くの人とつながることができる」事です。
しかし、この特徴を持つために各種セキュリティやSNS依存症など様々な問題も起きています。
今後の課題になると思われる部分も含めて考えていきましょう。

まずはセキュリティに関する問題点です。
SNSのアカウントは手軽に取得できるため、偽アカウントや架空アカウントを用いてスパムやマルウェア等の不正リンクを投稿するケースも少なくありません。
それらのリンク先を何気なく踏んでしまった結果、アカウント乗っ取りや個人情報を抜き取られたという事例もでています。
運営側も注意事項として発信したり、巡回強化等セキュリティ対策をとってはいますが、改善は難航しているのが現状です。

ここが一つ目の課題となるのですが、「SNSの手軽さ」が逆にこの問題を引き起こしているといえます。
個人による偽アカウントや架空アカウントの取得を防ぐには、何らかの形で本人確認をすることがベストです。
しかし、そうすると手続きが煩雑になり、SNS最大の利点である「手軽さ」と相反する形となってしまうのです。
更に本人確認の為の大前提、「運営会社の信用面」もあるでしょう。
本人確認をするということは、何らかの形で個人情報を運営会社に渡すということです。
そうなると必然的に運営会社に対する信頼性が問われることになるのです。

次に匿名性に関する問題点があります。
SNS上ではアカウント名やユーザー名を使用できるため匿名性が高いと思い込み、過激な発言や他人を攻撃する発言も目立つようになってきました。
また、先程お話した他人のアカウント乗っ取りから勝手に発言される可能性もあり得ます。
何の気なしに行った行為を写真や動画で投稿し、その行為がモラルに反するものや法律に引っかかるものであったこともあります。
結果大炎上し、社会問題となるケースも増えてきました。

この課題を解決するには、ユーザー側の意識を高めるしかありません。
「SNSはあくまでもただのツールである」ことを忘れてはいけないのです。
現在はSNSの普及速度にネットリテラシーの成長が追いついていません。
匿名であるため気持ちが大きくなり、「バレなければいい」という気持ちを持ってしまうからです。
更にSNSの匿名性は簡単なことから破られます。
投稿した写真の一部から場所を特定されたり、自分では気づかないうちにポロっと住所を漏らしてしまったとりいったこともあり得ます。
これらはユーザー側の自己防衛でしか防ぐことはできません。

SNSは手軽に利用できる反面、利用者の利用意識に頼らざるを得ない部分が多々あります。
皆さんの快適なSNSライフのためにも、これらの面には十分留意する必要があります。

関連記事